季彩暦

GXR / NIKON D7100

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漆の器

2

DSC_1232smallexname.jpg
NIKON D7100,SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM,1/100 F/5 ISO-3200

「好いとうよ」....という、ネーミング
その響きに惹かれ、買ってしまった杯。
 
日本酒を飲まないのだから.....さて、さて...どうしよう。
ワインでも飲もうか....

それだって、余り飲まないのに.....
飲まないのに.....こういう美しきものに惹かれる。

それも、一つの「興」かしら....
それとも、「趣」?

さて、さて......


丸嘉小坂漆器店(すいとうょ)

関連記事

-2 Comments

はなはな says..."ありがとう"
かれこれ十年前 数年がかりで江戸から京都の都までの中仙道を歩きました。其の日は、早朝に、善光寺西街道と中仙道の分去れの宿、洗馬宿をたち、贄川宿、奈良井宿に夕刻到着。贄川宿と奈良井宿の中間位に平沢への旧道が残っていました。旧道の両脇には、漆器店が、時代に取り残されている様に古い佇まいを残し、並んでいました。今年のお正月の和風総本家というテレビ番組で、硝子に漆を塗った器が紹介されたとき、美しく、凄いと惹かれました。そして、十年前の落葉松の黄葉に包まれた木曽の山々がよみがえりました。美しいと感じられる出会いのため、人生はあるのかもとも。美しいと感じられる出会いにありがとう
2016.07.06 10:57 | URL | #- [edit]
chiemi says..."はなはなさんへ"
こんにちは。

木曽の山々.....歩いてみたいです。
美しいものへの出会い....

心惹かれます。
2016.07.15 19:56 | URL | #PefwKnF. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。