季彩暦

GXR / NIKON D7100

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄驪の峰

2

DSC_4692aaa666.jpg
NIKON D7100,SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM,1/1000 F/16 ISO-800

「甲峡に連綿として丘壑(きゅうがく)重なる 雲間に独り秀づ鉄驪(てつり)の峰」海量


一番高い山が、甲斐駒ヶ岳(かいこまがたけ)....標高は、2,967m
その左横が、アサヨ峰(アサヨみね)、そして、赤薙沢の頭と高嶺

それから、鳳凰三山(地蔵岳・観音岳・薬師岳)へと続きます..........
夕暮れになる前の.......静かな風景......

山々と家々には、「動」を何も感じられない程の静寂....その中で、雲だけが流れ
僅かに空気が流れる.......そのことだけが、今、時は動いているのだと感じられた、唯一のもの。


今年は、色々な風景を撮ってみたいな......あと、できたら.......望遠レンズ欲しい.........


-2 Comments

はなはな says..."お久しぶりです"
久しぶりに、季節の中に行くと、拍手にメッセージがありました。ありがとうございます。お返事遅れてごめんなさい。昨年、この山座を韮崎から見ました。富士山も左手奥にありました。
昨年、白い花崗岩に覆われた甲斐駒ケ岳、南アルプスの女王と呼ばれる仙丈ヶ岳に行きました。紅葉の時期で、紅葉に染まり、草紅葉に染まる仙丈ヶ岳、その日、御嶽山の噴火、甲斐駒ケ岳の山頂でみた噴火は、水蒸気爆発の様でした。甲斐駒ケ岳が夕日に染まった紅い姿は、美しく。山は優しく、時にはあら荒々しく、時に暴れ、それも全て自然。その自然に時たま会いたく、山に登ってます。勿論、写真は、望遠を持ち、感じるままに撮りたく、でも難しく、記憶に残る山景は撮れないでいますが。今年は、甲斐駒ケ岳のお隣の鳳凰三山の縦走をしたく、楽しみです。これだけの自然に囲まれていれば、毎日が写真を撮りたいと思われることでしょう。是非、また、山座を載せてください。
2015.03.01 08:40 | URL | #- [edit]
chiemi says..."はなはなさんへ"
こんにちは。

甲斐駒.....富士とは、また異なって、人を寄せ付けない
荒々しい姿や空気感を持っていて、大好きです。

はなはなさんと、良くお話ししていた頃、
まだ、数年前ですが、多くの方と共感できる事柄があると嬉しくて、
真似してみたり、吸収したり、それが刺激的で、
とても素敵な経験となりました。

教えてくださった事、
魅せてくださった事、

自分の中で育て、大事にしております。

噴火を目の当たりに....おお.....
また、こうして、色々お話しを聞かせて頂けると嬉しいです。

望遠....いいなぁ....
頑張って貯めて買いたいです。
2015.03.09 12:22 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。