季彩暦

GXR / NIKON D7100

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

王仁塚の桜

2

R1039328aaa.jpg

撮影日 2014/04/08

RICOH GXR,RICOH LENS P10 28-300mm F3.5-5.6 VC, 1 F/5.4 ISO-200
撮影場所 韮崎わに塚

夜の桜に憧れていた。

正確に言うと、夜の桜を「撮る」ことに。

だって、たくさんの人の撮る「夜桜」は、幻想的で美しく
まるで、この世の現実ではないようだからだ。

わたしも.....なんて、勢いで撮りに来たものの、
判で押したような、少しも幻想的ではない、ごく普通の夜桜になった。

自分の気持ちは、そこにないような....

その夜の桜は、確かに魅惑的であったが、
多くのカメラマンと、素晴らしい機材、そして、なにより気軽に撮れないような雰囲気。

今迄、自由に思うままに。そして、まず、楽しむことが優先とした、
カメラに頼りっ放し、レンズと偶然の力を借りてでしか、撮ったことのなかった私は、

その特殊な雰囲気に、夜桜の美しさも、何だか良く分からなくなった。

途中から、撮るのを諦めた。

そして、遠くに離れ、闇夜に静かに煌めく、この一本の桜を、ただ、ただ、ずっと眺めていた。


追記

仕事を終え、そのまま直行で撮りにきた私は、昼ご飯以外何も口にしてはいなかった。
暫く、遠目に、この美しい夜桜を見ていたら、何故か、巨大なカリフラワーに見えてきた。

お腹空いたなぁ....

私は、やっぱり、花より団子のほうだと思った。

追記2

わに塚の桜

日本武尊の王子武田王の墓、前方後円墳、王仁族が住んでいた所と諸説ある場所です。

また、日本武尊の王子の武田王が、この地域を治めた後、埋葬された場所なので
ここを、「王仁塚」と呼ぶようになったとも云われています。

推定樹齢300年、幹周り3.6m、樹高17mのエドヒガンザクラです。

郵政省の「さくらメール」のポスター
フジテレビ系で放送された「僕の生きる道」第7話、
草なぎ剛さんと矢田亜希子さんが実家に歩いて行くシーン
「桜咲くまで」というドラマのタイトルバックにも起用された場所でもあります。

関連記事

-2 Comments

sion says...""
大きな桜!
白く大きな桜は珍しいね。

私は桜の散り始め、桜がハラハラ舞うのをみると寂しい気持ちになるよ。。
オセンチになります(死語w)


カリフラワー。。。
カレー粉を混ぜたカリフラワーの天ぷらが好きだな( *´艸`)
2014.04.09 22:17 | URL | #- [edit]
chiemi says..."おセンチな、si~ちゃんへ"
桜の時期は、誰もが、まるで熱に浮かされているかのように、
たくさんの人が桜の元へ集まるよね。

>カリフラワー。。。
カレー粉を混ぜたカリフラワーの天ぷらが好きだな( *´艸`)

やっぱり、si~ちゃんも、
花より団子?

2014.04.19 11:05 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。